×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黒いチューリップ

風車とチューリップの国オランダ、その片隅で神秘の花、黒いチューリップの創造に没頭する青年コルネリウスは、陰謀にまきこまれていまは断頭台へひかれていく運命にあった。
風雲急を告げるオランダ戦争前夜の史実を背景に、大自然の摂理と妙と地上の血なまぐさい係争をめぐって展開する、大デュマ会心の恋と戦乱の雄渾なる一大叙事詩!ホームズの爆発的なヒットに触発されて登場したライヴァルたち。
本書は、科学捜査を推理小説に導入した、ソーンダイク博士の活躍を描く傑作集。
倒叙推理の名作を中心に、「計画殺人事件」「歌う白骨」「おちぶれた紳士のロマンス」「前科者」「青いスパンコール」「モアブ語の暗号」「アルミニウムの短剣」「砂丘の秘密」の傑作短編全八編を収録。
前集に引きつづきソーンダイク博士の活躍する、倒叙ものと謎解きもの。
法医学探偵の面目を伝える秀作群。
「パーシヴァル・ブランドの替玉」「消えた金融業者」「ポンティング氏のアリバイ」「パンドラの箱」「フィリス・アネズリーの受難」「バラバラ死体は語る」「青い甲虫」「焼死体の謎」「ニュージャージー・スフィンクス」の粒より九編を収録。
内部から完全に密閉された<黄色い部屋>の中から令嬢の悲鳴が聞こえ、救援にかけつけた一同がドアをこわしてとび込んだ時、血の海の中には令嬢が倒れていた。
犯人の姿はどこにも見あたらなかった。
密室犯罪と意外な犯人の二大トリックを有する本編は、数少ないフランス本格派を代表する傑作であり、世界ベスト・テンで上位を占める名作。
フランス・ミステリ界を代表する巨匠が贈る世にも怪奇な物語集。
片腕の老船長が語る奇怪な話「銅像たちの晩餐」、コルシカの復讐譚に材をとった「ビロードの首飾りの女」結婚相手が次々と怪死を遂げる娘の物語「ノトランプ」をはじめとして、いずれ劣らずなまなましく人間心理の闇を描いて、読む者を戦慄の世界へと誘う。
恐怖ファン必読!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000718