×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Marginalマージナル(2)の言葉の意味

Marginalマージナル(2)

「夢の子供」キラは、限りなく幸福な子供を創造することに憑かれた狂気の科学者イワンによってつくりだされた。
だが、不毛の地球に生まれ満ちる無数のキラたちをイワンが夢想したとき、破局がやってきたのだった。
一方、この世界「マージナル」は新たな人類を地上に生みだすための、別世界から完全にコントロールされた実験都市プロジェクトであることが明らかになる。
受胎したキラの強大な共感能力は、キラが感応した者の見る夢を実らせる…。
キラはアシジンらプロジェクトへの反乱者たちと行動をともにしていた。
新しいマザのお披露目の日、グリンジャに導かれた世界の死を夢みる者たちにシンクロしたキラは大洪水を引き起こす。
沈みゆく世界のなかで、海へ流されたキラは地球の生への律動と同調した。
そこで、キラが見たものは!?バレリーナの卵・五所みどりの兄はロンドンに住んでいる。
兄の名は薫、英国人を父にもつ美形で名門バレエスクールの音楽教師だ。
そのバレエスクールのサマー・キャンプに参加したみどりは新作公演「12宮フェスティバル」に抜擢されるが、思わぬ大役にとまどいを隠せない。
そんなみどりの前に、愛にまつわる複雑な人間模様が現れる…。
萩尾望都がバレエに捧げる愛とオマージュ!バレリーナの卵・五所みどりの兄はロンドンに住んでいる。
兄の名は薫、英国人を父にもつ美形で名門バレエスクールの音楽教師だ。
そのバレエスクールのサマー・キャンプに参加したみどりは新作公演「12宮フェスティバル」に抜擢されるが、思わぬ大役にとまどいを隠せない。
そんなみどりの前に、愛にまつわる複雑な人間模様が現れる…。
萩尾望都がバレエに捧げる愛とオマージュ!パリの名門バレエ団ドミ・ド・リールの新人ダンサー、マリオは野心に燃えていた。
だが、花形スターへの夢と確信が焦燥に変わる日々のなか、育ての母の死がマリオに衝撃的な過去の事実をもたらした。
幼いころ後にしたローマ、その街に知られてはならない秘密がある…。
表題作ほか、演目とともにダンサーの内面が描かれる「青い鳥」「ロットバルト」を収める珠玉のバレエ・コレクション。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60014405