×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

風とマンダラ(2)についてのHPです

風とマンダラ(2)

滅私奉公は死なず。
落語界の伝統と厳しい掟の下に、ただひたすら耐える著者たち。
それが前座である。
年中無休にしてほとんど無給。
今日も明日も保証のない、過酷で無情な現実だけが彼のすべてだ!上司は読むな、部下は読め! 漫画界では一応先生。
落語界では最下層。
日々是天国と地獄を生きる男の、汗と涙のドキュメント。
不景気を呪う前に読め! 出世をあきらめる前に読め! リストラ世代必読の、これぞ究極のビジネスバイブル!「タカヒロ、バカは死んでもなおらんらしいぞ。
」はるか天国より御推薦!? 愛するじいちゃんに捧げる第4巻。
おびただしい借金を重ね、貧窮のどん底にあえぐ米沢藩。
一汁一菜をもちい、藩主みずから木綿を着て、藩政たてなおしに智恵をしぼり、心血をそそいだ上杉鷹山と執政たち。
しかし容赦なく襲いかかる旱魃(かんばつ)、凶作。
貧窮のなかに対立する家中。
政治とは、民を富まし、しあわせな日々の暮しをあたえることにほかならない。
藤沢さんが読者にのこした遺書とでもいうべきこの長篇小説は、無私に殉じたひとびとの、類いなくうつくしい物語である。
天よ、いつまでわれらをくるしめるつもりですか。
改革はままならない。
上杉鷹山の孤独と哀しみを明澄な筆でえがきだす下巻。
時代は商人の世に移りつつあり、参勤交代などの費用(かかり)は財政を容赦なく圧迫する。
けれど漆は生長し、熟しはじめていた。
その実は触れあって枝先でからからと音をたてるだろう。
秋の野はその音でみたされるだろう──。
物語は、いよいよふかく静かな響きをたたえはじめる。
忘れがたい読後感を残すこの作品は、藤沢周平の絶筆である。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013823