×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

味いちもんめ(30)

暮れも押し迫り、忘年会シーズンで『藤村』も大忙し。
そんなある日、近くの高校の教師達が『藤村』を訪れた。
「生徒の学力だけを判断基準にせず、個性の尊重を大切にした教育をしよう」と熱弁をふるう教頭先生の言葉に感動する伊橋。
しかし、その教頭先生に杉板焼きスダチ添えを出すと、「焼魚にはカボスが一番だ」と文句を付け始めた。
回転寿司が大流行のこの頃、でも伊橋は「あんなものは寿司屋じゃない」と言ってはばからない。
そんなある日、『藤村』に天プラばかりを注文し、何を話し掛けても「放っておいてくれ」という客が現れる。
そのお客に文句を言う伊橋を、親父さんは食事に誘う。
でも親父さんが伊橋を連れて行ったのは、回転寿司屋だった。
その目的は…。
伊橋のもとに、京都の料亭「花家」に勤める清から電話がかかってくる。
なにやら切羽詰まった様子で、「花家」を辞めることになるかもしれない、相談したいことがあると言う。
追い回し時代、一緒に修業をしたこともある清の言葉に、伊橋はすぐ京都へ向かう。
相談というのは、清の母親が一人でやっている田舎の食堂のことで…。
『藤村』に、ある田舎ホテルから助っ人の依頼が舞いこみ、伊橋と東がでかけることになった。
そのホテルに着いた伊橋は、料理の献立を見てビックリする。
刺身、ステーキ、酢豚など、和洋中ごちゃまぜだったのだ。
「バラエティーに富んでいるほうが客受けがいいから」というのがその理由なのだが、伊橋はどうも気にくわなくて…。
銃工屋を営むラリーはシカゴ屈指の賞金稼ぎ(バウンティハンター)。
ある日、コカインの密売人・ダッヂが保釈後に警官を射殺し逃亡するという事件が起きた! 事件現場に向かったラリーは、依頼してきたダッヂの弁護士の言葉に、ある違和感を感じていた……。
 ――銃工屋(ガンスミス)のラリー・ビンセントと爆薬専門家(ボムスペシャリスト)のメイ・ホプキンスの凸凹コンビが繰り広げるエキサイティング・ガンアクション!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60016609