×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花の咲太郎(1)

.

記事本文


花の咲太郎(1)

舞台は幕末の江戸。
神田お玉が池の呉服問屋の跡取り息子・咲太郎は、正義感が強いのだが単純でおっちょこちょいの男。
学問所へ様々な仲間と通っているが、なぜか一人だけ西洋風の頭に西洋風の着物。
そんな咲太郎が仲間や女の子と花のお江戸を天真爛漫に生きる。
また、千葉周作道場の師範代をしている大物・坂本竜馬との付き合いを通じて男の人生を学ぶ。
 人間の本質に鋭く迫るヒューマンドラマ。
ジョージ秋山が描く痛快時代劇!咲太郎の頭の中は女の子のことでいっぱい。
エッチな心は爆発寸前! いい関係になりそうだった咲太郎とお郁であったが、そこへ新しく行儀見習いに来たお美代が絡んで状況は変化。
お郁は誘ってみたり、じらしてみたり・・・恋の大作戦! 悪には強いが情にはもろい咲太郎。
 すいすい読めてボリュームたっぷり。
ジョージ秋山が描く痛快時代劇!伯父の伝兵衛に頼まれ八幡屋で暮らすこととなった咲太郎。
お世話係としてお郁がいっしょに行くことに。
だが、八幡屋には若い女の子がいっぱいおり「咲太郎さま」「咲太郎さま」ともてはやされ人気者になった咲太郎はすっかり有頂天に。
一方、お郁はイライラ顔。
だがひとたび、八幡屋伝兵衛の代理として十手をとれば次々に難事件を解決する咲太郎。
 元気モリモリ大江戸青春期。
ジョージ秋山が描く痛快時代劇!近づきそうで近づかない咲太郎とお郁。
ついにお郁は「好きな人ができたんです」と心にもないことを打ち明けるが、咲太郎のそっけない対応にガックリ。
伯父にそろそろ嫁を探せと言われたそんな時、咲太郎は幼なじみのお久美と運命的に再会をし、その美しさに惚れてしまう。
傷ついたお郁は、とうとう八幡屋をでていくことを決心。
咲太郎はどうする・・・!? 花のお江戸が舞台のラブコミック。
ジョージ秋山が描く痛快時代劇!<完結集>わしは早乙女田吾作。
城南中学校一年B組に転校してきたけん。
じゃけん、転校早々番長に目つけられたばい。
こうなったらわしの得意な「アレ」で勝負しちゃるばい!かかってきんしゃい!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60004199



Copyright (c) 花の咲太郎(1)All rights Reserved.